グループディスカッションの苦手対策

普通の面接と違い、複数人で同じ議題を議論しなければならず、

苦手な人も多い事だろう。


そこて、グループディスカッションの苦手意識を無くす5つのポイントを紹介する。



1.議論しなやすい空気作り

グループディスカッションが始まる前からの行動が必要だ。

同じチームの人に話しかけ、コミュニケーションを取っておくと、

議論に入った時もお互い話安くなることだろう。



2.積極的に議論に参加する

空気が読めてない発言などは、逆にマイナスになってしまう、

恐れがあるが、発言しなければ評価されない。相手の意見を受け入れ、

自分意見•対案を出すなど積極性をアピールしなければ、いけない。

大切なのは、「チームで時間内に結果を出す」ことである。



3.評価したり、付け足したりなど話を膨らます

 議題によっては、どうしても、意見が見つからない場合もあるだろう。

そんなとき、この2つのポイントを思い出そう。


・既に出されたアイディアが何故良いのか、伝える。

・既にある、他人の意見に「つけたし」にプラスαで発言する。



4.制限時間を正確に

 何気にルーズになりがちな制限時間。

いくら、すばらしい意見が出ても、まとめられなければいけない。

話を遮る勇気も必要だ。



5.結論から先に話す

 相手に理解しやすく、簡潔に伝えるテクニックとして、

「結論→理由」で話すというのがある。

なあなあ、な話し方では伝わる意見も伝わらない。



以上のポイントを参考にしていただけたら、幸いだ。



≪グループディスカッションの準備 を見るグループディスカッションの流れ を見る≫

就職相談(就活)・内定獲得支援なら就職エージェント!

今すぐ無料会員登録