インターンシップのメリット


intern4.jpg

ここで、インターンシップに参加すると、

どんな「メリット」があるか説明しておこう。


まずは、


「自分はどんな仕事に向いているのかな?」

「自分の性格を活かして働くってどういうこと?」

「学校でどんな勉強をしていけばいいの?」


などといった不安を一気に解決できる絶好の機会になることだ!


自分の中だけで、考えたり・自問自答ばかりするより、実際に企業で働いてみるのが近道な事もある。

まさに「百聞は一見にしかず」だ。


自分にとってだけでなく、「企業」にもメリットがある。


「人材育成に熱心な企業姿勢をアピール」

「就職におけるミスマッチ解消」

「職場の活性化と若手社員の育成・成長」


などだ。双方にメリットがあるからこそ、効果的なインターンシップが行えるのだろう。


そして、「学校」が側にもメリットは存在する。


「職業観・就労意識の醸成」

「将来のキャリアを考える機会となる」

「社会や企業に対する理解度向上」

「人間的成長につながる」

「自分自身の適性、能力の確認」

「異世代とのコミュニケーション機会が得られる」


などなど。


参加した後は、その体験をどう活かすかが課題だ。

「この仕事は合わない」、「この会社は違う」と感じる人もいるかと思う。

その違和感をもとに、自分に合った仕事・職場探しだ。あきらめてはいけない。


【関連記事】

「インターンシップ」にまつわる5つの疑問。エントリー、応募資格など

今すぐ無料登録する