面接マナー


1 事前準備・身だしなみ

<事前準備>

・ 会社の情報と連絡先の確認 

   受験する会社の企業情報や試験会場までの道、

   開始時刻は事前に確認しておきましょう。

   また当日何かのトラブルで遅れてしまう場合があるかもしれません。

   そういったトラブルにも対応できるように

   電話番号や担当者名を確認しておきましょう。


<身だしなみ>

・ 髪型、服装、持ち物の確認

   茶髪や長髪、整髪剤のつけすぎは避けましょう。

   スーツやYシャツの状態も確認が必要です。

   シワや汚れがないものを着て臨みましょう。

   また、受験する企業の会社案内、試験会場までの地図、

   携帯電話など必要なものは事前に準備しておきましょう。



2 会場入り~入室まで

<会場入り前に身だしなみ再確認>

会場入り前に、もう1度身だしなみを確認しましょう。

鏡を持参するとよいでしょうお手洗いも事前に済ませてください。


<会場入りの時間>

会場入りの時間は、開始時刻の5~10分前に着くようにしましょう。

早すぎても相手の負担になってしまいます。当然ですが遅刻は厳禁です。


万が一遅れてしまう場合や日時変更の必要がある場合は早めに連絡しましょう。

このとき、この時間なら必ず到着できるという時間を忘れず伝えましょう。

しかし、理由によっては面接試験そのものが中止となる場合もあります。

遅刻や日時の変更がないようにしましょう。


<受付・控え室でのマナー>

面接は受付からスタートすると思っていましょう。

面接担当者が受付の人に応募者の印象を聞くのはよくあることです。


控え室では、私語や音楽鑑賞、読書はやめましょう。

もし読むのであれば会社案内や企業研究ノートがよいでしょう。

しかし、名前を呼ばれたらすぐに面接に向かえるようにしておきましょう。

また、たばこやお化粧はやめましょう。


<携帯電話のマナー>

携帯電話は、マナーモードではなく電源を切っておきましょう。

携帯電話やたばこはバッグにしまっておくのがマナーです。


<入室時のマナー>

入室の際は、まず2回ノックをします。

面接官の「どうぞ」という声が聞こえてから入室し

「○○○と申します、よろしくお願いいたします」と挨拶を述べお辞儀をします。

お辞儀の角度は30度~45度がよいでしょう。

着席する前にも、椅子の横に行き「よろしくお願いいたします」と述べます。

その後、面接官の「お座りください」という指示を聞いてから着席しましょう。


【入室時のマナー】

① 2回ノック

② 「どうぞ」の指示が聞こえたら入室。入室時「失礼します」の一言も忘れない

③ 名前と挨拶を述べお辞儀する

④ 椅子の横に立ち、もう1度挨拶を述べお辞儀する

⑤ 「お座りください」という指示を聞いてから着席


3 入室~退室まで

<カバンの置き場所>

小さなカバンであれば膝の上や自分と椅子の背もたれの間に置くのがよいでしょう。

大きなカバンであれば足元に置くのがよいでしょう。

机の上に置くのは避けましょう。


<履歴書の渡し方>

履歴書は、ファイルに保管しカバンにから取り出しましょう。

手渡す際は、両手で手渡し「よろしくお願いいたします」と一言添えましょう。

「ハダカで渡す」「片手で渡す」「無言で渡す」といった行為はマナー違反です。

名刺を頂いたとき>

名刺を頂いたからといって自分の名刺を渡す必要はありません。

名刺を頂いた際は両手でしっかりと受け取りましょう。

面接中は机の上に置き、面接終了後にカバンにしまって退出します。


<姿勢・癖・態度>

椅子には深く座り、手は膝に置きしっかり話すのが基本姿勢です。

緊張で目がおよいでしまったり、時計やスーツを過剰に触ってしまったりする

気持ちはわかりますが、試験に向けて準備してきたと思います。

堂々としましょう。緊張してしまったとしても堂々としていた方が好印象です。


<退出時のマナー>

面接官の「以上で面接を終わります」といった言葉を聞いてから立ち上がります。

椅子の横に立ち「ありがとうございます」と感謝を述べお辞儀をします。

お辞儀の角度は30度~45度。

退出時のお辞儀は、試験を行って頂いたことへの感謝と、

採用の検討をお願いする意味がありますので、深めが望ましいでしょう。

お辞儀が終わったら荷物を持ち出口に向かいます。

ドアの前まで来たら面接官の方を向き、「失礼します」と述べ静かに退出します。

ドアを閉める際は大きな音をたてないようにしましょう。


【退出時のマナー】

① 面接官の「以上で終了となります」といった言葉を聞いてから静かに立ち上がる

② 椅子の横に立ち感謝を述べお辞儀(お辞儀は深めがよい)

③ 出口まで来たら面接官の方を向き「失礼します」と述べ静かに退出

企業の中には「退出時の印象がよかったから採用した」という会社もあるほどです。

入室や試験中のマナーだけでなく退出時のマナーも

しっかりできるようにしておきましょう。



4 まとめ

面接は就活生にとっては、企業の担当者と直接話ができる数少ない機会です。

知らない人と話すので、緊張したり普段以上に焦ってしまったり

ということがあるかもしれません。

しかし、緊張して思いが伝わらないのと、

マナーが悪くて思いが伝わらないのは違います。

この記事でご紹介したのは面接時の作法のようなものです。

作法ができていない人間を企業はみません。

記事中に解説したポイントに気を配り、

しっかりとした作法を身につけ面接試験に臨みましょう。

≪お礼状の送付に戻る≪OB・OG訪問のマナーを見る

就職相談(就活)・内定獲得支援なら就職エージェント!

今すぐ無料会員登録