ガラス工芸家

仕事内容


ガラスを使って、花器やコップ、お皿や装飾用の小物、
アクセサリーパーツなどを作る仕事をする人。
多くはガラス工房は観光地にある場合が多く、
観光客にわかりやすく説明したり、体験させる時には高温の炉を扱うため、
細心の注意を払って指導を行う。

また、消耗の激しい溶解炉の前での長時間作業となり、
体力面での鍛練も必要である。ガラス工房、ガラス会社に就職し、
技術を習得後、創作活動に入るか、作家のもとに弟子入りして学ぶという
ケースが多い。

ガラスは繊細な素材のため感性と技術、デザイン能力などに加え、
実際の作業は1200度を超える炉の補修工事をしたり、といった作業をする。



給与


572万円

代表的な企業・団体


旭硝子
日本板硝子
HOYA

就職エージェントのサービスに登録する 

カテゴリ

  • 業種
  • 職種 (388)
  • 企業情報