裁判官

仕事内容


裁判官は、裁判において公正な判断のもと判決を下すのが仕事。
どちらにおいても裁判官の判決は、大きくわけると刑事事件と民事事件がある。

具体的には、当事者双方の主張や証拠を慎重に吟味し、
真相を明らかにして、判決文の作成など、裁判官が扱う事件には、
今後の社会の情勢や社会秩序に与える影響が大きく、
重要で責任の大きい仕事であるといえる。また、判決を下すことが求められる。



給与


200~1000万

就職エージェントのサービスに登録する 

カテゴリ

  • 業種
  • 職種 (388)
  • 企業情報