TOP > 気になる就職相談室 > 「面接で好印象を与えるには?」

「面接で好印象を与えるには?」

担当エージェント:田崎

面接では、いかに面接官に好印象を持たせ、期待してもらえるかが重要!!
今回は「好印象を与える面接の技」をお伝えいたします。


1.「先に結論を話す」
  結論から先に話すことによってその後に続く内容で、
  結論と話者の考え方を全体的に理解できます。

2.「会話には「間合い」に注意」
  相手の表情・反応などを確認しながら話すことが大切です。

3.「ネット・本の情報をマネしてもバレます」。
  面接官はプロです。侮ってはいけません。

4.「話が終わったら「以上です」をつける」
  変に長い間合いは空けず、終了したら「以上です」と
  意思表示をしましょう。

5.「元気な声でハッキリと話す」
  これは、何事でもいえる事ですが、
  ボソボソと話すと「自信が無い」「やる気が無い」と取られがちです。
  お腹から声を出して元気よく話すことを意識しましょう。

以上。面接で好印象を持たせる方法です。
大切なのは自分らしさを出して元気に会話できるかが勝負です!