TOP > 気になる就職相談室 > TOEICは就活で本当に有利?

TOEICは就活で本当に有利?

担当エージェント:本島

TOELCとは、「国際コミュニケーション英語能力テスト」とも言われ、
国際化社会の今、外資系でなくてもアジアなど海外進出を行う
企業が増えていることから英語ができない新入社員よりも、
英語ができることは、大きなメリットになります。TOELCは、
語学力の証明に大変有利です。


ただし、「就職活動に有利」と言えるTOEICのスコア860点以上と
言われています。実際、日本企業の昇進についても、
TOEICで一定以上の得点を取ることが条件となっているところがあります。
全日本空輸 管理職への昇進は600点(目標)
帝人 課長相当職は500点
日本IBM 課長は600点、次長は730点
松下電器産業 主任は450点
丸紅 昇格および海外赴任には600点が条件
アンリツ 課長職は500点
キヤノン 海外赴任には600点
などなど。
ただ、TOEICでほぼ満点に近い人でも、
実際の英会話ではほとんどしゃべれないという人も結構いますので、
要注意です。