TOP > 気になる就職相談室 > 『面接で熱意を伝えるためにはどうすればいい?』

『面接で熱意を伝えるためにはどうすればいい?』

担当エージェント:橋本

面接でいかに自分のやる気・熱意を伝えられるかが、面接突破のカギとなります。
面接官に熱意を与えやすいのは、やはり「志望動機」
ここでポイントをどのくらい稼げるかにかかっています。


志望動機で熱意が伝わる書き方にはポイントがあります。
それは
「今までの人生経験を活かして、自分がこの会社に入ったらどのような
活動ができるのか」を具体的に書く
ということです。
例えば、
アルバイトやサークル、友人関係や人付き合いなどの経験から、
解決法・学んだことなどを活かして働ける。ということをアピールするのです。