TOP > 気になる就職相談室 > 『内容が薄いと感じる自己PRとは?』

『内容が薄いと感じる自己PRとは?』

担当エージェント:水谷

選考でいかに、自分を売り込めるかが、合否を分けます。
まず、自己PRが薄くなってしまう原因は、「誰でも書ける内容」で
「具体性がない」ところが挙げられるでしょう。
周りと似た内容では採用担当者に対しては、
あまりアピールにはならないのです。


選考を有利にするために、自己PRで独自性のあるよい印象を与えることが
大切です。企業側は能力の高い人を求めていますが、
同時に「一緒に働ける人か」という観点からも人を評価しています。
人物面はおもに面接で評価されるものですが、
職歴書の段階で「人物」をアピールしておけば、面接で必ず有利に働きます。
しかし、だからと言って、必ずしも成功体験じゃなければいけないわけでも
ありません。「失敗したがこのような解決策を見出した。」
「失敗から○○を学べた」など得たものを上げるのも良いでしょう。