TOP > 気になる就職相談室 > 志望動機を通じて企業が知りたい4つのこと。作成時に覚えておきたいポイント。

志望動機を通じて企業が知りたい4つのこと。作成時に覚えておきたいポイント。


担当エージェント:星野

志望動機は、企業があなたという人物を知るための項目です。

志望動機の内容1つで面接官への印象が大きく変わります。

いわば、志望動機は「履歴書の顔」とも言える項目です。

初対面の面接官に、あなたの人物象が伝わるようにわかりやすく書く必要があります。

そこで、今回は「企業が志望動機で知りたいこと」、「志望動機を作成する際に押さえておきたいポイント」をお伝えいたします。

志望動機で最も書くべきなのは、あなたの経験!!

前述のとおり、志望動機は企業にあなたの人物象を伝えるための項目です。

あなたという人物が、どのような経緯、経験を経て自社を志望するに至ったかをチェックしています。

つまり、動機に最も書くべきなのはあなたの経験なのです。

実体験を交えることで、面接官はあなたの人物象と、志望理由を同時に知ることができます。

では、企業は、具体的にどのようなことをチェックしているのでしょうか?

事項で詳しく解説してきます。

企業が志望動機を通して知りたい4つのこと

企業が志望動機でチェックしているポイントは、大きく以下4のつです。

1つずつ解説していきます。

1.自社や業界に興味を持ったキッカケ

どのような経験、経緯を経て自社を志望するに至ったかをチェックしています。

履歴書の志望動機記入欄は少ないので、これまでの学生生活のなかで印象に残ったこと、企業にアピールしたいことを1つに絞って

書くと良いでしょう。

2.なぜ、ライバル社(他社)ではなく当社を志望したのか。

「ライバル社(他社)ではなく当社を志望したのか」という質問は、面接においても聞かれる場合があります。

企業研究を入念に行い、志望する会社の魅力を語れるように準備しておきましょう。

3.入社への意気込み。当社での業務を通じ、どのような人物になりたいのか。

根本的なところですが、入社への意気込みを伝えましょう。

企業は、熱意のない人を相手にするほど暇ではありません。

入社に懸ける意気込みを自分のことばで伝えましょう!

4.業務において活かせる資格、スキル

業務において活かせる資格やスキルがあれば、履歴書に必ず書きましょう。

履歴書の「資格記入欄」に資格の名称を書き、「志望動機」に、その資格取得にまつわるエピソード(経験)を書く

という方法で志望動機を作成するのも有効です。(※取得した資格が業務に関連する場合のみ!)

まとめ

志望動機を作成する上でもっとも重要なのは、ご自身の実体験を交えて書くことです。

繰り返しになりますが、志望動機はあなたの人物象を伝えるための項目です。

実体験を交えることで、企業はあなたの人物象と、志望理由を同時に知ることができます。

また、実体験を語ることは、自分だけのオリジナルの志望動機を書くことにもつながります。

「志望動機がうまく書けない」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

個別面談開催中!!

?【仙台開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「No.1」だから出来る就活サポート!

?【大阪開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「No.1」だから出来る就活サポート!

?【東京開催/無料】就活個別面談PREMIUM!センパイ達のESや面接対策シートから弱点を克服デキル

?【東京開催/無料】就活個別面談!文系学生の内定取得支援実績がNo.1だから出来る就活サポート!

?【東京開催/無料】面接対策個別セミナー体験版!備えあれば憂いなし

?【名古屋開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「No.1」だから出来る就活サポート!

?地方大学の理系学生向け就職支援「ちほりけ」