TOP > コンサルタント直筆コラム「就活必勝ガイド」 > 【就活必勝ガイド】第5回:内定数倍増!エントリーシートを最速で書き上げる3つのコツ

【就活必勝ガイド】第5回:内定数倍増!エントリーシートを最速で書き上げる3つのコツ

みなさん、就職活動は進んでいますか?

去年より早いペースで進む就活に焦りを見せている人も多いかと思います。

しかし、内定数を上げるためにはエントリーシートの提出を増やすことも大事です。

エントリーシート1件に、1日かけてしまうのは時間のムダ!

そこで、今回はエントリーシートの効率的な書き方をご紹介します。

?

1)頻出する3パターンはテンプレ化を

?

エントリーシートは大体3つのパターンに分かれています。

①??? エピソード(例:学生時代に頑張ったこと、困難を乗り越えた経験)

②??? 自分の特徴(例:自己PR、あなたの強み・弱み)

③??? 意気込み(例:志望動機、10年後の自分のイメージ、あなたにとって仕事とは?)

?

こうした頻出質問は、テンプレート文を事前に作っておけば、

毎回文章を作る場合と比べて、スピードが格段にUPします。

?

そして、エントリーシートは基本的に、200?800字の字数制限がされています。

そのため、テンプレートは500字くらいで作っておき、

字数を増減させて各種テンプレート文を作っていくと効率的です。

?

業界別に使える「自己PR」と「志望動機」のサンプルも公開していますので

参考にしてみてください。

?

自己PRのサンプル:https://www.s-agent.jp/pr/

志望動機のサンプル:https://www.s-agent.jp/reason/

?

?

2)箇条書きのメモを作っておく

?

文章を書きはじめる前に、箇条書きで要素をメモしておくとラクです。

箇条書きは、情報を整理して分かりやすくする役割があります。

?

【文章での例】

私はダイエットのために縄跳びと、ジョギングと、筋トレをしています。

?

【箇条書き例】

私がやっているダイエット

・縄跳び

・ジョギング

・筋トレ

?

要素を書き出したら、そのメモを確認しながら文章の形にしていけば、

文章を考える時間が短縮できます。

?

また、WEBエントリーシートは単調になりやすいため、

そのまま箇条書きを使用してみても良いでしょう。

■「」などの記号を使って強調するとさらに分かりやすくなります。

?

?

?

3)文章は「PREP(プレップ)法」が伝わりやすい

?

PREP法とは、最初に結論を伝え、次にその理由を事例で補強し、

最後に結論を再度提示するストーリー展開のことです。

?

Point・・・結論 (例:私は縄跳びが好きだ)

Reason・・理由  (例:楽しみながら手軽にダイエットできるから)

Example・・具体例 (例:1週間続けてみたら、3キロ痩せた)

Point・・再度、結論 (例:だから、ズボラな私は縄跳びが好きだ)

?

文章の構造を覚えておけば、あとは型に当てはめるだけで

わかりやすく論理的な文章を作成することができるので効率的です。

このPREP法は、エントリーシートだけでなく、

この先の面接や、入社後のプレゼン等でも大活躍するので覚えて損はナシ!

?

?

同業他社にも、ついでに出してみよう!

せっかく時間をかけて書いたエントリーシート、そのままにするのはもったいない!

ついでに同じ業界の企業にも同じように出してみては?

業界についての情報収集の時間を短縮することができるため、

一気に、複数のエントリーシートの提出ができるはずです。

?

効率的な就職活動ができるように、ぜひ試してみてください!