TOP > コンサルタント直筆コラム「就活必勝ガイド」 > 【就活必勝ガイド】第12回:後悔しない自分に合った仕事を探す4つの方法

【就活必勝ガイド】第12回:後悔しない自分に合った仕事を探す4つの方法

就職活動のはじめの一歩として、自己分析や企業研究をおこないますが、

なんと、転職した人の理由として「他にやりたい仕事がある」「自分に合う仕事を見つけるため」

といった内容が半数以上を占めているそうです。

ネット上には、様々な適職診断サイトがありますがそれだけで終わらせていませんか?

後で後悔しないためにも、今回は自分に合った仕事探しの方法をご紹介します!

■自分に合うってどういうことなの?

?

まず知っておいて欲しいことは、自分のイメージに100%合う会社はほぼ存在しないと言うこと。

いくら企業分析や業界研究したとしても実際やってみると違うなと思うのは当然。

どんな状況でも続けられるのはやはり「好き」「おもしろい」「楽しい」と思える仕事です。

?

診断サイトを利用すると、自分に向いている職業が色々出てきますが、

それが本当に「自分が好きなこと」なのかというと、それで判断するのは不十分。

自分は何に興味があって、何に憧れているのか…じっくり考えてみましょう。

?

?

■好きな仕事を探す方法

?

①やりたくないことを書き出す

好きなことをリストアップしようとすると、たくさんありすぎて出し尽くせないと思います。

そんな時は反対に「やりたくないこと」を書き出してみましょう。

消去法で除外していくと判断しやすくなるのでおすすめです。

この方法は、複数の内定で迷った時にも「良い点」「悪い点」として比較するのに使えます。

?

②職業一覧を眺める

世の中には、1000種類近くの職業が存在しています。

自分の知らない仕事がたくさんあるはずです。

職業図鑑を眺めながら、おもしろそうな仕事を探してみても良いでしょう。

参考:業界ナビ職業一覧|キャリアガーデン

?

③資格を勉強してみる

気になっている職業に関連する資格を勉強してみて、

楽しく勉強が続けられるならば、仕事も長続きできる可能性が高いと思います。

絵を書くことが好きなら「Webデザイナー」、営業に興味があるなら「宅建」「FP」などなど。

たとえ、その職につかなくても、身につけた知識はムダにはなりません。

むしろ、発想が広がりやすくなるのでスキルアップにもなるでしょう。

?

④何事も体験から!

結局は実際にやってみないと分からない…。

だけど、学生のうちから体験できることもあります。

例えば、営業の仕事に興味があるならテレアポのバイトを体験してみたり

開発に興味があるならアプリを作ってみたり、ボランティアに参加してみたり。

テレアポといっても、メーカー、通信、人材系など様々な業界があるので、

自分に合う業界を見つけることができるし、知識を身につけることもできます。

?

就活中は忙しいと思いますが数時間でも続けることで、スキルアップや面接のネタとしても期待できますよ。

好きなら頑張れる。やりがいがあるなら続けられる。努力すれば成功できる。

自分の可能性を信じて、後悔のない就職活動を応援しております!

?