TOP > コンサルタント直筆コラム「就活必勝ガイド」 > 【就活必勝ガイド】第14回:面倒な自己分析は不要?就活には「マインドマップ」が超便利♪

【就活必勝ガイド】第14回:面倒な自己分析は不要?就活には「マインドマップ」が超便利♪

意外と時間がかかってしまう、自己分析や企業研究。

就活をはじめるにあたって事前に準備が必要ですが、

学業との両立や就職出遅れ組にとっては充分に準備の時間を取るのが難しいと思います。

そんな時は「マインドマップ」を使うのがおすすめ!

聞いたことがある人にとっては、ビジネスマンが使う手法だと思われがちですが、

就活にも活用することができます。

自由に色々なデザインで作ることができるので、楽しみながら自己分析が進められますよ。

?

?そもそもマインドマップとは?

?

マインドマップとは、頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのことです。

方法は、1枚の紙の上に考えたいテーマ(主題)を中央に描き、

そこから放射状に連想するキーワードやイメージを繋げていき、発想を広げていきます。

芋づる式にアイデアが出てきやすくなるため、

単純にノートに文字を書き出すよりも、発想力、記憶力、問題解決能力を高めることができます。

<参考>マインドマップ Wikipedia

?

?

?就活での活用事例

?

①自己分析

マインドマップは複雑化している自己分析するのに最適です。

自分にまつわるエピソードを客観的に整理することができます。

「長所・短所」「エピソード」「自己PR」など、就職活動でよく聞かれそうな内容に沿って

キーワードを連想して抽出してみると、自分というものが見えてきやすくなります。

そのとき、具体的な理由やエピソードまで書き出せると活用しやすくなるでしょう。

<参考>知らないと失敗する就活Q&A

?

②企業研究・志望動機

企業ごとにそれぞれマインドマップを作っておくと、面接前の見直しにも最適です。

書き出す内容としては、真ん中に希望の企業名を記入し、

その企業の「魅力」「強み」「他社との違い」「特徴」などを書き出していきます。

反対側に自分の志望動機として「なぜ御社なのか」「将来のビジョン」など書き出します。

2次面接、3次面接の時にも確認できるので便利です。

?

③面接対策

面接対策も、マインドマップに質問と回答を書き出すことで整理しやすくなります。

ただ定番の質問に対する答えを書くだけよりも、その回答に対して

「なぜ◯◯なのか?」→回答△△→「なぜ△△なのか?」→回答??→なぜ??なのか?…

と、面接官になったつもりで「なぜ?」を何階層も深掘りしておくと、圧迫対策にもなります。

回答の書き方としては、たたき台にすぎないので簡単でかまいません。

?

そして、マインドマップの利点として、見返しが本当にラク!

ダラダラ書かれたメモ書きよりも、イメージ図でパッと頭に入ってくるため、面接前のちょっとした確認が本当に便利です。

分析内容が全て目に見えているので、精神的な満足感も得られるし、

カラフルな色や手書きの絵を加えたメモを思い出しながらの面接で緊張もほぐれるかも?

?

また、手書きの他にもWebツールもあるため自分に合った使い方を探してみてくださいね。

<参考> 無料マインドマップ作成ソフトのまとめ

?