TOP > コンサルタント直筆コラム「就活必勝ガイド」 > 【就活必勝ガイド】第15回:なかなか内定もらえない人、コレをやめてみたら?

【就活必勝ガイド】第15回:なかなか内定もらえない人、コレをやめてみたら?

周りの友人は内定を獲得しているのに、

自分はまだ決まっていないと焦ってくるものですよね。

努力しているのに、なかなか選考通過しない…と悩む就活生はたくさんいます。

しかし、その努力は本当に合っていますか?

間違った対策しても時間のムダ!

これまでの就活を見直して、少しキャラ変をしてみませんか?

?

①コピペをやめる

なんと、ESのコピペは70%以上バレているというデータ結果が出ています!

・どこの企業にも通用する言い回し

・文章に違和感がある

・お決まりフレーズを多用

・自分らしさを感じない

といったコピペ感の特徴があるようです。

「自分」にしか言えないことを言うのが就活の大原則!

自分なりのエピソードを盛り込むことで、説得力の違いも生まれますよ。

?

?

②回答文の暗記をやめる

自己紹介など、お決まりのQ&Aについては嫌でも暗唱してしまうと思いますが、

あまり暗記しすぎるとロボットのように思えてしまいます。

やはり相手の心に残るのは、自分の素直な言葉。

そして面接で大事なのはキャッチボール。

語りすぎて雑談になってしまうのもNGなので、キャッチボールを忘れないように!

?

?

③大手ばかりを狙うのをやめる

中小企業の割合が99.7%の中、就活生の5割は大手志望。

競争率高いですよね!

安定志向やブランド力から大手人気は続いていますが、

今の時代、大手だから安心という確実性もないですし、

中小でも優良企業は非常にたくさんあります。

?

ただ、立地が悪いだけの穴場企業もあるし、

これまでと違った職種で探してみるなど

別の路線で探してみるとおもしろい企業が見つかるかもしれません。

偏った視野を広げてみてはどうでしょうか?

?

?

④小手先だけの企業研究をやめる

企業HP、採用サイト、就活サイト上にある情報だけで選んでいませんか?

それだけで、その会社が今何をしようとしているか分かりますか?

自分のスキルやアピールをするには、企業研究ができてないとNG。

面接で上手く答えられない人は、研究不足な人が圧倒的に多いです。

?

「OB訪問」のように、直接センパイ社員に会って話しを聞くのが理想ですが

ネットでも、

・IR情報を検索(投資家向けに経営状況をまとめた資料)

・媒体資料を検索(広告主へ会社の概要をまとめた資料)

・有価証券報告書を検索(企業の状況を外部へ開示する資料)

・過去のESを検索

・経営者や社員のSNSを検索

など、

リアルな経営状況が探す手段もあるので活用してみてください。

「企業名+IR情報」のように、企業名を入れて検索すれば出てきます。

会社概要や経営状況を知ることで他社との比較がしやすくなり、

具体性が増す志望動機や自己PRを作ることができるでしょう。

?

?

⑤就職活動だけするのをやめる

焦りと不安を抱えている就活生は相当ストレスを抱えていると思います。

最近では「就活うつ」も問題になっており、対策が必要です。

自分が好きなことをするのも良いですが、就活にメリットもある息抜き法として

?

・ウォーキングなどの運動をする

運動をすることで、自律神経が整ってストレス発散できるようになります。

頭がクリアになり、自然と自信とやる気がついてきます。

また、瞑想と同じ効果もあると言われており、考えがまとまるといった効果もあります。

?

・合コンをする

合コン上手な人は就活で成功する人が多いのは知っていますか?

「話がおもしろい人のテクニック知る」

「ウケがよかった話を掴む」

「友だちを増やす」

楽しみながら就活テクも学べますよ!

?

他にも、遠出して知らない人と会話したり、資格の勉強を始めたりと

いつもと違う刺激を受けると逆にメリハリがついてやる気が出てきます。

自分なりの新しい息抜き法を探してみてください。

?

?

何事も、少し立ち止まって見直すことは大事です。

自分は自分と割りきって、負のスパイラルから脱出しましょう!

?

?