TOP > コンサルタント直筆コラム「就活必勝ガイド」 > 【就活必勝ガイド】第16回:鍵ツイートで損していない?就活SNSの活用術 [基礎編]

【就活必勝ガイド】第16回:鍵ツイートで損していない?就活SNSの活用術 [基礎編]

就職活動の情報収集やコミュニケーションのツールとして、

もはや必要不可欠となっているツイッターやフェイスブック。

就活でSNSを利用する学生は約4割となっており、年々増加傾向となっています。

?

しかし、SNSトラブルが多く知られるようになり

就活中は更新をストップしたり、鍵をかけて非公開設定にする人も最近増えてきました。

?人事はあなたのSNSを見ている

そして企業の採用担当者も「エゴサーチ」や、

就活生のSNSを探すことが定番になってきています。

?

  • 選考状況を晒していないか?
  • ネガティブな人物ではないか?
  • 会社の悪口を言っていないか?
  • ?

    など、会社の不利益になるような人物じゃないかを確認するのです。

    「これじゃ、気軽に投稿できない…」と不安に思う人もいると思いますが、

    逆に言えば、企業にアピールできるチャンスの場でもあるのではないでしょうか?

    ?

    ネガティブ要素を探るだけではなく、

    「この人はこういう分野に興味があるんだ」など面接ネタや人物像の参考にも

    しているそうです。

    30分の面接では伝えきれない情報をSNSでアピールすることができるのです。

    ?

    ?

    ?社会人としてマナーを守れば何も怖くない

    就活本などで、「悪口は言わない」「内定アピールをしない」など

    様々なNG事例が紹介されていて不安に思う人もいるかと思いますが

    社会人ならどれも当たり前のこと。

    企業や友人が不快に思うことをしなければ、何も問題ないのです。

    逆に、それができないようでは社会人としてどうなのか?とも捉えられます。

    ?

    アメリカでも、面接官による就活生のSNSチェックは当たり前になってきているようですが、

    逆にヒットしなかった場合「今どき、SNSも使いこなせないのか」といった見解もあるとか。

    ?

    だからといって、意識高そうな事ばかり投稿しなくても、

    サークル仲間と遊んだことや、バイトで思ったことや、ニュースについて思ったことなど

    普段の自分を出して何も問題ないです。

    面接官だって人間なので、あなたと同じように

    家族についてや旅行したことを投稿しているはずです。恥じることはないです。

    ?

    そして、IT企業なら入社したらSNSを教え合うのは当然になってきていますし、

    社会人とのやり取りもこれから必須になってくるでしょう。

    いずれ、企業の代表として世の中に情報を発信することもあるかもしれません。

    これまでは学生同士のやり取りが中心だったと思いますが、

    就活を機会に、企業のセンパイ達のSNSを覗いてみると良いでしょう。

    ?

    ただし、SNSの目的は人それぞれなので、

    ストレス発散や愚痴のために使っているなら非公開設定をおすすめします。

    使用の目的は自由ですが、トラブルにならないようにマナーは守りましょう。

    ?

    ?

    ?自分を知ってもらうチャンス!

    では、就活でSNSはどうやって活用すれば良いのでしょうか?

    センパイ達の活用事例としては

    ?

    ・就活生をひたすらフォローして状況を知る

    ・就活サイトをフォローしてイベント情報や就活ノウハウを知る

    ・志望する業界で有名な人をフォロー

    ・就活に役立つ時事情報を流すアカウントをフォロー

    ・企業の投稿を読み、職場の雰囲気を掴む

    ・OG、OB訪問の際のコンタクトツールとして利用

    ?

    のように、非常に多くの情報をゲットすることができます。

    ?

    そしてなんといっても、出会いが広がることがSNSの醍醐味。

    せっかく採用担当者が興味を持って覗きに来てくれているのだから、

    自分がどんな人間なのか知ってもらうチャンスです!

    ?

    ?就活生が言いがちな「注意ツイート」

    とはいえ、まだまだ危ういツイートをしている人は見かけます。

    企業名を検索するだけでもゴロゴロ出てくるので注意しましょう。

    良く見かける内容としては、

    ?

    例1 「A社とB社で迷うな~」

    こちらは検索すればよく出てくるツイート。

    A社とB社からしたら、「うちが本命じゃなかったのか!」と思われてしまいます。

    ?

    例2 「今日、大学サボっちゃった!」

    学生ならありがちな内容ですが、

    こちらも採用担当者からしたら不真面目なイメージがついてしまいます。

    ?

    例3 「内定もらったー!」

    自慢したいキモチもわかりますが、

    ?

  • まだ決まってないフォロワーからしたら精神的にキツイ言葉である
  • もし選考中の企業があるなら、第一志望じゃないのかと突っ込まれる可能性がある
  • ?

    など見ている人を想定して、自分の発言に責任を持つ事が大事です。

    自由の場だとはいえ、ネットにもマナーが存在することを忘れずに、

    ネットを駆使した「スマート就活」をうまく活用してみてください。