TOP > 専攻別特集 > 生物・農学

専攻別特集

生物・農学

生物専攻学科一例

生物学科/生物工学科/生物科学科/生命科学科/生命工学科
バイオサイエンス学科/応用生物学科/生物化学科/生命化学科/生物分子科学科
環境生命工学科/生物環境化学科/生命環境科学科など

広がりつづける生物学のテリトリー

生物学は、分子や遺伝子、微生物・ウイルスから動植物、自然環境にいたるまで、幅広い「生き物」を対象とする。
 生物の遺伝子レベルの研究から、生命工学(バイオテクノロジー)や生命科学(バイオサイエンス、およびライフサイエンス)などの新しい学問領域が開かれた。
 生命工学や生命科学はさらに、農学・薬学・医学などとの学際分野で、発酵、バイオマスエネルギー、生物資源などに関する研究を深化させている。
 生物学は環境問題とも関わりが深く、環境生命工学科、生物環境化学科、生命環境科学科などの学科を派生させている。
生物工学という学問も確立され、遺伝子工学、細胞工学、再生・発生工学、免疫工学などの研究が進み、その応用技術は、再生医療や人工臓器、新しい機能性を持った細胞、ハイブリッド農作物などの分野に生かされている。
さらに生物学と化学の領域を行き来する生命化学科、化学・生物科学科、バイオ・応用化学科などもある。また、生物学専攻の範疇として、生理学や病理学などによって、細菌やウイルスからの感染防御・免疫システムなどを研究する学科(動物生命医科学科など)もある。

進路はバイオ・環境・食品・医療など

理系は文系よりも大学院進学の傾向が強く、生物学専攻の学生は特に大学院進学率が高い。大学院で修士課程修了後、さらに博士課程へ進む学生もいるが、多くは就職をする。なお、博士課程を修了した学生の多くは大学や研究機関などで研究を続ける。
 学部や大学院修士課程を修了した学生の進路は、さまざま。
中学・高校・大学の教員、公的研究機関の研究員、博物館の学芸員などのほか、企業の研究員、総合職など。企業就職先は、食品工業、薬品工業、化学工業、医療機器などのほか、農林水産関連、バイオテクノロジー関連、環境・エネルギー関連、さらに情報産業、電気・機械工業など、多岐にわたる。
職種としては、医療・製薬関連技術者、食品開発技術者、食品衛生管理者、バイオ技術者(バイオケミカル技術者)など。出版社やマスコミの科学部門担当者などの職もある。
生物学は「問題発見解決能力」を身につけるピュアサイエンスといわれる。この能力は社会的要請が高く、さまざまな業界で求められている。また、生物学を核とするライフサイエンスの領域は、環境・情報・医療・美容など多分野へ広がりを見せる。科学的・工学的な見地から生物学を学んだ人材の需要は大きい。

農学専攻学科一例

農学科/農芸化学科/食品化学科/生物環境工学/生物環境科学科
生物資源学科/生物資源環境学科/生産環境科学科/応用生物科学科
農業生産科学科/生物生産学科/食料生産学科/生物資源学科/応用生命科学科
動物学科/アニマルサイエンス学科/動物生命医科学科/海洋生物科学科
園芸学科/造園科学科/環境園芸学科
食農学科/食品生物科学科/食料産業学科/食料生命環境学科など

農芸化学・農業工学・生物生産学など多彩

農学分野は、農芸化学、農業工学、生物生産学など、多彩な広がりを見せる。
農芸化学は、野菜や穀類などを分子・細胞レベルで研究し、食品・医薬品・農薬・化粧品などの分野で新技術・新製品開発などへの応用を目指す。醤油・漬物・ヨーグルト・チーズなどの「発酵」、日本酒やワインなどの「醸造」は、農芸化学のテーマのひとつ。サプリメントや特定保健用食品、抗生物質などの分野にも応用研究は及ぶ。
農業工学は、環境負荷を抑えて土地や水資源を利用する技術を研究し、持続可能で生産性の高い農業のあり方を探る。
食料生産学、生物資源学、応用生命科学などを包括する生物生産学は、穀類・野菜・果物などの農作物や、家畜・魚介類(酪農・食肉生産・養殖)などの生産生物を含めた、生産技術の管理、効率化、地球環境との共存などを研究する。
ほか、園芸や造園に関する学科(園芸学科、造園科学科、環境園芸学科など)、食と農の関連の深い学科(食農学科、食品生物科学科、食料産業学科など)もある。
現代の農学は、食料増産や品種改良などの生産技術、農産物の流通などの研究に加えて、資源の確保、都市空間の環境緑化なども含め、「遺伝子から地球環境まで」を扱う最先端のライフサイエンスの中に位置づけられる。それだけ幅広い活躍の分野がある。

化学系・工学系も含めたさまざまな進路

農学専攻の進路は、官公庁と民間企業に分かれる。
国家公務員では主に農林水産省管轄の本庁や地方局へ、地方公務員では農業振興政策、農業技術普及、試験研究などの各部署へ。
民間企業では、種苗・農薬などの開発・生産、農業資材、園芸、食品、建設・造園、フードサービス、環境関連など。
大学から大学院への進学も多く、修士課程2年でさらに専門性を深め、上記のような就職先へ進む。
農芸化学の分野を専攻した卒業生は、食品関連のほか、化粧品、化学工業、製薬などのメーカーへ就職する場合も多い。マスコミや出版業界などで農芸化学の専門知識を生かすこともできる。
農業工学分野の卒業生は、食品関連のほか、土木・地域開発関連産業、環境・生態系関連産業、また国際協力関係の仕事で活躍する人もいる。
なお、農学系統の中で唯一、文系に分類されるといわれる「農業経済学」という分野もあり、就職先として、官公庁、農業団体、金融機関、商社、食品メーカーなどがある。