TOP > 専攻別特集 > その他(環境など)

専攻別特集

その他(環境など)

環境専攻学科一例

環境学科/環境科学科/環境システム学科/環境社会学科
環境マネジメント学科/人間環境学科
社会環境学科/環境社会工学科/地球環境学科
化学生命環境学科/環境生命学科/生物環境化学科/環境情報学科など

環境を考え、持続可能な社会を探る

地球温暖化や海洋汚染など、環境問題は国際的な関心事であり、その解決策を含め、持続可能な循環型社会の構築が叫ばれている。
国内の大学でも環境専攻学科の設置が増え、グローバルな視点から環境保全・環境共生にまなざしを向け、課題解決を図る人材の育成が進められている。
環境学は、時代の要請に応じ、さまざまな学問領域を派生させている。
環境科学は、理系と文系を横断する学際的な領域で、自然環境を支配するメカニズムの探求とともに、環境と人間活動の関わりを探り、持続可能な社会のあり方を研究する。
そのほか、生物学や生命科学を含めた化学生命環境学科や生物環境化学科、環境政策の立案や遂行などに関する環境マネジメント学科などがある。

社会に広く求められる「環境職」

環境への取り組みは、CSR(企業の社会的責任)を踏まえ、多くの企業で積極的に行われている。
環境管理・監査などに関する専門の部署を社内に置く企業も多い。環境測定・調査など、環境ビジネスに特化した会社も増えている。
環境系のNPO、NGOが、市町村・全国・国際それぞれのレベルで活動している。地方自治体の中に環境職を設ける例もある。
 環境関連の資格も多く、環境管理士、環境計量士、公害防止管理者、臭気判定士、廃棄物処理施設技術管理者、衛生管理者、衛生工学衛生管理者、エネルギー管理士などがある。
 今後は、環境に関する専門性の高い知見とともに、幅広い視野と学際性・国際性を備えたジェネラルな人材が求められてくる。

多様な進路 薬学部系統を例に

そのほか、理工系には、理学部系統として地学分野など、工学部系統として資源工学、材料工学、宇宙工学各分野など、獣医畜産系統として獣医学、畜産学・動物学各分野など、さらに、医学部、歯学部、薬学部、看護・医療・栄養学部の各系統、家政・生活科学部系統などがあり、多様な進路がある。
一例として、薬学部系統については、チーム医療、医薬分業などの要請を受け、薬剤師の役割が高まっている。
卒業後の進路は、薬剤師として、保険調剤薬局、一般薬局、ドラッグストアなど。同様に薬剤師として病院に勤務し、医師や看護師および他のメディカルスタッフとともに診療に携わり、患者への薬事的なケアを行う仕事がある。
製薬会社などに就職し、医薬情報担当者(MR)として、医薬品など自社製品の情報を医師や薬剤師などに伝える仕事もある。
さらに、製薬会社や研究機関などで、新薬の開発・研究・臨床試験などに携わる仕事、国や自治体などの公的な機関で、薬事、環境衛生、食品衛生などに関わる仕事もある。
薬剤師のほか、薬事監視員、診療情報管理士などの資格がある。