就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

運輸安全マネジメント

【よみ】うんゆあんぜんまねじめんと【英名】

運輸安全マネジメントとは、平成17年4月に発生したJR西日本の
福知山線脱線事故、及び航空機トラブルの頻発、
ヒューマンエラーが原因とされる事故・トラブルの多発を受けて、
平成18年5月「運輸安全一括法に規定する安全管理規程に係る
ガイドライン」が公表された。この安全管理規程で求めているのが、
運輸安全マネジメント体制の構築である。
1.輸送の安全を確保するための事業の運営の方針に関する事項
2.輸送の安全を確保するための事業の実施、及びその管理体制に関する事項
3.輸送の安全を確保するための事業の実施、及びその管理方法に関する事項
4.安全統括管理者の選任に関する事項
5.運転管理者(鉄道事業法、軌道法)、運航管理者
   (海上運送法、内航海運業法)の選任に関する事項また、
   
 安全管理規程の作成・届出等の義務付け対象事業者は、以下の通りである。
・鉄道事業法:許可を受けた鉄道事業者、及び索道事業者
  すべて・軌道法:許可を受けた軌道経営者すべて
・道路運送法:200両以上のバス事業者、及び300両以上のハ
  イヤー・タクシー事業者・貨物自動車運送事業法:300両以上の
  業務用自動車を保有する事業者
・海上運送法:許可を受け、又は届出を行った事業者すべて
・内航海運業法:登録を受けた内航海運業者全て
・航空法:客席数が30席以上、又は最大離陸重量15,000キログラム以上で
 ある事業者具体的には、以下の5点を安全管理規程に
 定めることを義務付けている。

ページトップへ