UML

【よみ】ゆーえむえる 【英名】Unified Modeling Language

オブジェクト指向のソフトウェア開発での、設計表記法を統一化したもの。
過去に、ソフトウェア設計において設計図の表記法が乱立していたが1997年11月にUMLの記述法が標準とされた。