TOP > 用語集 > IT用語集 > セキュリティ > クロスサイトスクリプティング

クロスサイトスクリプティング

【よみ】くろすさいとすくりぷてぃんぐ 【英名】CrosssiteScripting

クロスサイトスクリプティングとは、第三者のWebサーバーやWebアプリ
ケーションを利用して悪意のあるスクリプトを送り込める脆弱性で、複数のサイトを
経由してスクリプトを送り込み、Cookieなどの登録情報を盗み出すことから
「クロスサイト」と呼ばれ、WebクライアントとWebサーバーの信頼関係を利用して
Webクライアント上でスクリプトを実行させる。