DDoS攻撃

【よみ】でぃーどすこうげき【英名】distributeddenialofserviceattack

DDoS攻撃とは、単独ではなく、複数の攻撃拠点から、標的となるサーバーに対し、
同時に大量のパケットを送出して、機能停止状態に陥らせる攻撃方法で、
攻撃者は身元の割り出しを防ぐため、標的を直接攻撃するのではなく、
まず最初にセキュリティが脆弱なコンピュータを見つけ出して、
そこに攻撃管理用のプログラムを埋め込み、これを踏み台にして、
さらに他のコンピュータを占拠し、攻撃拠点とする手法をとることが多い。