TOP > 用語集 > IT用語集 > 電子政府 > e-文書法

e-文書法

【よみ】いーぶんしょほう 【英名】electronic document law

e-文書法とは、「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の
利用に関する法律」および「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信技術の
利用に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の通称で、
e-Japan戦略IIを加速化させる重点施策の一つであり、紙媒体での保存が義務
づけられていた帳簿や契約書、カルテ、処方箋などの電子保存が可能になった
ことにより、民間の経営活動や業務運営の効率化が進むもの期待されている。