FDM

【よみ】えふでぃーえむ 【英名】FrequencyDivisionMultiplexing

FDMとは、1987年にアメリカ規格協会(ANSI)で標準化された、
光ファイバによる高速なリング型LANで、高速性を生かしてEthernetを
相互接続するバックボーンなどに利用されたが、Ethernetに比べて機器の
値段が高く、Ethernetの高速化に伴い使われなくなりつつある。