HACCP

【よみ】はせっぷ 【英名】Hazard Analysis and Critical Control Point

HACCPとは、製造プロセス全体を管理する、食品製造の
品質管理プログラムのことで、原料の入荷から製造・出荷までの
すべての工程において、あらかじめ危害を分析(HA)し、
その危害を防止するための重要管理点(CCP)を特定する。
各CCPごとに継続的に監視し、収集したデータはファイルに
保存しておくことで、品に異常が認められた場合の対応や
対策がすぐに行うことが可能で、不良製品の出荷を未然に防ぐ
ことができる。