TOP > 用語集 > IT用語集 > OS > CGL3.0

CGL3.0

【よみ】しーじーえるさんてんぜろ【英名】SecureOS

CGL3.0とは、米OpenSourceDevelopmentLab(OSDL)が2005年2月9日に発表した
通信キャリア向けの将来を見通した先進的なLinux要求定義文書のことで、
通信分野におけるミッションクリティカルな業務にLinuxを適用するために6項目
(可用性(Availability)、保守容易性(Serviceability)、性能(Performance)、
クラスター(Clusters)、標準(Standards)、ハードウェア(Hardware)の
機能分野に分けて記述されている。