可視光通信

【よみ】かしこうつうしん 【英名】visiblelightcommunications

可視光通信とは、縦続接続または多段接続と訳されることで、10ポートの
ハブには最大で10台までの端末を接続することができるが、10ポートのハブを
2台カスケード接続すれば、カスケード接続用のポートを除いて、最大18台まで
端末を接続できるようになる。