TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 会計 > 減損会計

減損会計

【よみ】げんそんかいけい【英名】asset-impairmentaccounting

減損会計制度とは、企業の持つ事業用の土地や建物などの固定資産に関して、
地価の下落やこれらの資産を利用した事業の収益性が低下すると、投資額の回収が
見込めなくなるため、過大に計上されている帳簿価格と現在の評価額を比べ、
その差を損失として計上する制度のことで、実際に減損会計制度の導入を
義務づけられるのは、上場企業や、資本金5億円以上または負債総額200億円以上の
大会社だが、中小企業にも、減損会計の導入が求められている。