TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 金融 > 外形標準課税

外形標準課税

【よみ】がいけいひょうじゅんかぜい【英名】dualcorporatetaxsystem

外形標準課税とは、企業の売上高や従業員数、人件費、事業所の面積、資本金など、
企業の外観から客観的に把握できる数量や金額を基準に、課税を行う方法を指している。
こうした状況を踏まえ、景気の動向に直接左右されず、都道府県の税収の安定につながる
などの理由から、導入されている。