TOP > 用語集 > 就活用語集 > 選考パート1 > 筆記テスト・SPI

筆記テスト・SPI

【よみ】ひっきてすと・えすぴーあい

SPIとはSynthetic Personality Inventoryの略。
適性検査といえばSPIと連想されるほど、主要企業の多くが実施している。
問題は、「能力検査」と「性格適性検査」の2種類。
能力検査はさらに「言語(国語)」「非言語(算数・理科)」にわかれる。
能力検査は、レベル的には心配ないが、
短時間に多数の問題を解かなければならないのが難点。
SPIで極端に低い数値を取ると、
次のステップに進めないこともあるので注意しましょう。
討論の様子から、考え方や理論性、説得力、協調性、
統率力などを評価されるので、黙っていてはダメ。
発言しなければアピールもできない!ただし発言の回数が多くても、
中身が薄ければそれはそれで減点材料。しっかりとした中身のある意見を、
いいタイミングで発表していきたいところです。