市場化テスト

【よみ】しじょうかてすと【英名】Itisgivenatestamarket

市場化テストとは、これまで「官」が独占してきた「公共サービス」について、
「官」と「民」が対等な立場で競争入札に参加し、価格・質の両面で最も優れた者が、
そのサービスの提供を担っていくという制度で、市場化テスト制度導入に関しては、
2004年8月、政府の規制改革・民間開放推進会議(首相の諮問機関)が提言したもので、
2005年度にモデル事業を試行し、2006年度からの本格的な導入を目指すとしている。