TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 金融 > スワップ取引

スワップ取引

【よみ】すわっぷとりひき【英名】SwapTransaction

同じ価値を持つ異なる種類の通貨や債権・債務の間で、将来発生するキャッシュ・フローを
一定期間交換することを約束する取引のことで、異なる通貨の金利と元本を一定期間交換する
「通貨スワップ」や、異なる通貨間で将来一定期間の金利のみを交換する
「クーポンスワップ」、同じ通貨間で、異なる種類の金利(変動金利と固定金利など)のみ
を一定期間交換する「金利スワップ」、株価の損益と固定金利による収入を交換する
「エクイティ・スワップ」などが主。