TOP > 用語集 > 未分類 > 法人税等の負担率

法人税等の負担率

【よみ】ほうじんぜいなどのふたんりつ【英名】Burdensratesuchascorporationtaxes

法人税等の負担率とは、税引前当期純利益に対する税効果会計調整後の
法人税等の額(法人税等と法人税等調整額との合計額)の割合を意味する。
税効果会計に関する注記として、理論的な法人税等の負担率である
法定実効税率から実際の法人税等の負担率が乖離している場合、
当該差異の原因となった主な項目別の内訳の開示が求められている。
実際には、乖離する主な原因として永久差異等の発生額または当該金額に
対応する負担率が開示されることになる。
なお、この注記は、差異の重要性が乏しい場合には省略できる。
具体的には、差異が法定実効税率の100分の5以下である場合には、
注記を省略できるものとされている(財務諸表等規則8条の12第3項)。