TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 会計 > 持分の結合

持分の結合

【よみ】もちぶんのけつごう【英名】Combinationoftheshare

持分の結合とは、いずれの企業(又は事業)の株主(又は持分保有者)も
他の企業(又は事業)を支配したとは認められず、結合後企業のリスクや便益
を引き続き相互に共有することを達成するため、それぞれの事業のすべて又は
事実上のすべてを統合して1つの報告単位となることをいい、
この「持分の結合」に対する会計処理としては、対応する資産及び負債を
帳簿価額で引き継ぐ会計処理が適用される。