コンピテンシー

【よみ】こんぴてんしー【英名】Competency

コンピテンシーとは、ハイ・パフォーマ(成果を出している社員)の
行動特性等を分析し、その結果を活用することで社員の行動を変え、
業績向上を図るというシステムである。コンピテンシー項目
(職種ごとの様々な行動項目)ごとに、高い業績を上げる社員のレベル、
また仕事に必要なレベルを示すコンピテンシーシートを作成し、
これに基づいて人事考課や人材育成を行う。コンピテンシーシートは
人材の必要要件を分析的に明確にするものであり、
最終的に目指す人材像を示すものではない。ハイパフォーマとは、
「今業績が高い人」「今社員がまねる対象」であり、
機能・役割などを考えて分析的に設定する。必要な人材を
分析的に検討するだけでなく、「社員にとっての憧れの対象」
「簡単に真似できないものをコアとして持っている人」を定義する
「一流人材」を考えることも、企業にとって有用である。