DCF方式

【よみ】でぃーしーえふほうしき【英名】DCFmethod

DCF方式(DCF法)とは、企業の評価方法のひとつであり、
DCFとは、ディスカウント・キャッシュ・フロ-の頭文字をとったもの。
具体的には、将来5年ないし10年の事業計画に基づいて計算した
各年度のキャッシュフローと最終事業年度の残存価値を、
一定の割引率により割引計算した現在価値の合計額により企業価値を評価し、
これを発行済株式数で除して1株当たりの株価を算定する方法。