TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > マーケティング > 情報マネジメント

情報マネジメント

【よみ】じょうほうまねじめんと、とりぷるあいまねじめんと【英名】IntelligenceandInformationInnovationManagement

別名、3IMgtともいう。
情報マネジメントとは、組織の持つ情報(IntelligenceandInformation)を
見直し、情報の価値を向上させることによって、
組織の価値を高めるマネジメント手法。今や高度情報化社会となり、
情報システム無しには社会や組織の活動は立ち行かない。
ところが、情報システムで取り扱われる情報そのものは担当者の判断に
委ねるところが多く、その力量(認識力、分析力、評価能力、判断力など)に
よって、組織にとって価値のあるものになったり、
無意味なものになったりと情報自体の価値は不確実性が大きい。
このように情報ははかなく、頼りないものである。
その不確実性が大きい情報によって、組織は意思決定を行い、
その意思が伝達され、活動する。そのため、情報の優劣によって、
組織の業績は大きく左右されることになる。
情報マネジメントは、組織で扱う情報とそれを取り扱うプロセスの
全てを対象とし、情報の信頼性とパフォーマンス、
さらに組織のインテリジェンスを向上させることによって、
組織の価値を高め、組織の業績を改善する活動である。