TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > マーケティング > リーン生産システム

リーン生産システム

【よみ】りーんせいさんしすてむ【英名】LeanProductionSystem

リーン生産システムとは、1985年にマサチューセッツ工科大学で始まった
「日本の自動車会社はなぜ強いか、その生産システムはどうなっているのか」
を研究するプロジェクトの結果として、
「リーン(ぜい肉を削ぎ落とした)生産システム」が提案された。
それまでの欧米の自動車会社は、相変わらずヘンリー・フォードの
大量生産システムを踏襲していた。その典型としてゼネラルモーターズの
フレミンハム工場と、日本の自動車工場の典型としてトヨタ自動車の
高岡工場が、徹底的に比較分析され、その結果をまとめたものである。
リーン生産システムでは、単に社内の生産システムだけではなく、
部品発注の仕方や発注先の選定基準、外注会社との共同開発体制などにも
触れられている。リーン生産では、標準化された製品を
大量に造るのではなく、労働者のチーム編成と応用力のある自動機械
(例えばロボット)を用い、多品種の製品を適量造ることを目指している。
同システムの結果として、設備投資額・スペース・在庫の半減化、
製品開発期間の短縮化がうたわれた。