LCC

【よみ】らいふさいくるこすと【英名】LifeCycleCost

LCCとは、購入者の立場としては、製品を購入してから使用を中止、
あるいは廃却するまで、製造者の立場では、企画・研究開発から廃棄、
処分に至るまでの資産の全生涯で発生するコストをいう。
製造者側のライフサイクル段階で発生するコストには、
研究・開発コスト、生産・構築コスト、使用者側のライフサイクル段階で
発生するコストには、運用・支援コスト、廃棄コストなども含まれる。
そこで、購入から使用中止に至るまでにかかる総費用を計算する必要が
でてくるのである。これらのコストを見積もる方法としては、
パラメータ法やIE法などがある。
また、コストのほとんどは企画・開発設計段階で決定されることや、
各段階で発生するコスト間にはトレードオフの関係があるということに
留意する必要がある。
昨今では、環境問題、エコロジーといった側面からも、
企業は単に開発コスト、生産コスト、流通コストだけを考えるのではなく、
商品の運用コスト、廃却コストも含めたトータルコスト
(=ライフサイクルコスト)の最適化を求められている。