TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > マーケティング > ワン・ツー・ワン・マーケティング

ワン・ツー・ワン・マーケティング

【よみ】わん・つー・わん・まーけてぃんぐ【英名】OnetoOneMarketing

ワン・ツー・ワン・マーケティングとは、従来のマーケティングは、
いわゆるマス・マーケティングといわれ、ある程度セグメンテーション化
された中で顧客ニーズに合ったものとはいえ、最大公約数的な意味合いが
あった。予め顧客層のターゲットを絞ってから製品を展開し、
この顧客層が寄り多く存在する場所に対して販売促進をかけるのである。
これに対し、ワン・ツー・ワン・マーケティングとは、
顧客一人ひとりとコミュニケーションを繰り返し、
個別仕様のサービスを提供するもので、「リピート購入」
「上位の商品購入」「新規顧客紹介」の行動をとるように
働きかけるマーケティング手法である。この手法は、
顧客の識別を行うのに有効なデータベースが存在して初めて実現できる
のである。これは、EC(電子商取引)の世界では企業が電子メールや
顧客専用ホームページの提供によって、顧客との間に直接的な関係を
確立することができることから、商品を提供する前に顧客のニーズを
キャッチすることが可能となり、顧客ごとに最適な商品提案を行うことが
可能となってきたことも一因といえよう。デルコンピュータや
アマゾンドットコムはまさに顧客関係重視による成功事例といえるだろう。