生産編成

【よみ】せいさんへんせい【英名】ProductionFormation

生産編成とは、生産編成とは、広義には、製品を顧客へ供給する
物流拠点、内外製区分による製造拠点・仕入先企業、
原材料の調達先の設定するマクロレベルの「編成」であり、狭義には、
使用設備、作業ライン、作業人員配置、作業場所レイアウト設定など
ミクロレベルの「編成」である。
マクロレベルの編成は「ロジスティクス」
「SCM(サプライチェーンマネジメント)」等と称され、
この「編成」の設定によって、事業の成否の大半が決まると言っても
過言ではない。このマクロレベルの編成の全体パフォーマンス向上の
ためには、各拠点単体のパフォーマンス向上だけでなく、
受発注処理、設計・仕様決定、計画・手配業務、決済業務などの
情報処理・伝達の速度と正確性の向上が不可欠である。
ミクロレベルの編成は、「工程編成」と称され、
製造工程のパフォーマンスに大きく影響を及ぼすため、
製品の生産準備段階において、十分な検討・検証が必要である。
工程編成には、大別すると機能別分業編成と製品別ライン編成の
2種類があり、前者は品種の多様化に対応する汎用性に優れ、
後者は生産性、製造期間において利点がある。
事業・製品の特性から、上記2種類の編成をどう組み合わせていくのかが、
製造工程の最適化のための課題である。