TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 会計 > 税効果会計

税効果会計

【よみ】ぜいこうかかいけい【英名】Taxeffectaccounting

税効果会計とは、貸借対照表に計上されている資産および負債の金額と
課税所得の計算の結果算定された資産および負債の金額との間に差異がある
場合において、当該差異に係る法人税等の金額を適切に
期間配分することにより、法人税等を控除する前の当期純利益の金額と
法人税等の金額を合理的に対応させるための会計処理をいう。
この定義は、わが国における税効果会計の定義であるため、
資産負債法を前提としている。より広く定義するならば、
企業会計と税務計算の差異がある場合において、当該差異に係る
法人税等の金額を適切に期間配分することにより、
法人税等を控除する前の当期純利益の金額と法人税等の金額を
合理的に対応させるための会計処理ということになる。