逆取得

【よみ】ぎゃくしゅとく【英名】Thereverseacquisition

逆取得とは、合併を例にとれば、消滅会社が取得企業となる
企業結合をいい、企業結合の前後において、法形式的に支配を獲得した企業が、
実質的に支配を獲得しないような企業結合をいう。
株式交換の場合であれば、株式交換完全子会社が取得企業となる場合が
逆取得であり、会社分割の場合であれば、事業を法人内部に吸収した
分割承継会社が取得企業とならず、最終的に、分割会社が分割承継会社の
支配を獲得する場合などが例としてあげられる。