TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > マーケティング > ワークデザイン法

ワークデザイン法

【よみ】わーくでざいん法【英名】WorkDesign

ワークデザイン法とは、アメリカのジェラルド・ナドラー博士によって
1959年に発表された、IE(IndustrialEngineering)技法・問題解決技法の
一つである。さまざまな問題解決を図る際に効果的に改善・改革を
行うための方法論であり、機能展開と理想システムをキーワードとする。
問題解決技法の代表的な手法であるQCやIEによる問題解決技法が、
分析的アプローチによる問題解決技法であるのに対して、
ワークデザイン法は、本来果たしたかった目的は何だったのか、
という目的を再定義するところから始め、再定義した目的を果たす
新たな仕組み(システム)を構築することによって、
問題の解決を図っていく演繹的発想法である。
また、システムの案を考える際に、現状の枠組み・制約をはずして
自由に発想し、現状の枠組み・制約を外したところからスタートして、
現実的なシステムへと集約してく発想を行うので、
現状を大きく変革する、革新的なシステムを設計しやすくする。
これが、ワークデザイン技法が、企業のリエンジニアリング等に
大いに役に立つ、といわれる理由となっている。