認証主義

【よみ】にんしょうしゅぎ 【英名】Theprincipleofcertification

「認証」は、一定の行為又は文書が正当な手続・方式でなされたことを
公の機関が証明すること。法人の設立に関して言えば、法律の定める要件を
備えていましたかを確認する点では「準則主義」に近いものの、
所轄庁が「認証」する行為を必要としています点が「準則主義」とは
異なります。