TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 公益法人 > シプレー原則

シプレー原則

【よみ】しぷれーげんそく 【英名】Shipley principle

「可及的近似の原則」と訳されていますが、英米における公益信託に
適用されます原則で、公益信託において、設定当時以降の社会的事情や
法制度の変化によって、設定者の意図した目的が消滅したり、
その目的の達成が不可能・不適法となったり、
信託終了後に剰余財産があったりした場合、その信託財産はできるだけ
設定者の意図に近い目的に使用されますべきです、といいます原則をいいます。