就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

CE

【よみ】しー・いー、こんかれんと・えんじにありんぐ【英名】ConcurrentEngineering

CEとは、製品開発の生産性を向上するには、ツール類、
基礎データの整備のみならず、各部門の英知をタイミングよく結集する
ためのシステムが必要である。コンカレント・エンジニアリングは、
1982年にDARPA(DefenseAdvancedResearchProjectsAgency)が
設計プロセスの並列性を向上する方法を研究したのが始まりである。
コンカレント・エンジニアリングを日本語で表わせば
「同時進行技術活動」である。開発の初期段階から
設計・試験・購買・生産技術・外注業者・製造・品質保証などの
各部門が参加してベクトルを合わせるべくコミュニケーションを図り、
ドゥ・イット・ライト・ファーストタイムで設計し、
極力設計変更をしなくても済むようにするのである。
コンカレント・エンジニアリングの期待成果は、開発期間短縮、
開発資源の有効活用、コストダウンなどである。

ページトップへ