TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 会計 > 未認識数理計算上の差異

未認識数理計算上の差異

【よみ】みにんしきすうりけいさんじょうのさい【英名】Differenceinnonrecognitionmathematicscalculation

数理計算上の差異については、原則として、①各年度の発生額について
発生年度に費用処理する方法または②発生年度からもしくはその翌年度から、
平均残存勤務期間内の一定の年数で按分する方法(定額法)により
費用処理されるので、必ずしも発生年度に全額が費用処理されるわけでは
ありません。未認識数理計算上の差異とは、数理計算上の差異の発生額のうち、
まだ費用処理されていない金額をいう。未認識数理計算上の差異の金額は、
退職給付引当金の計算にあたっては、退職給付債務の金額から控除する。

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活