持分法

【よみ】もちぶんぽう【英名】Equitymethod

持分法とは、投資会社が被投資会社の資本及び損益のうち投資会社に
帰属する部分の変動に応じて、その投資の額を連結決算日ごとに修正する
方法をいう。連結は、連結会社の財務諸表を勘定科目ごとに合算することに
よって企業集団の財務諸表を作成するので、完全連結
(ライン・バイ・ライン・コンソリデーション又はフル・ライン・
コンソリデーション)といわれる。これに対して、持分法による処理は、
被投資会社の純資産及び損益に対する投資会社の持分相当額を、原則として、
貸借対照表上は投資有価証券の修正、損益計算書上は「持分法による投資損益」に
よって連結財務諸表に反映することから、一行連結(ワン・ライン・
コンソリデーション)といわれる。

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活