就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

株式の評価方法

【よみ】かぶしきのひょうかほうほう【英名】Evaluationmethodofstocks

株式交換比率ないし合併比率の算定を目的とした株価の評価方法に
ついては、市場での株価を基礎とする(公開企業の場合)のをはじめ、
当該会社の価値を公正に評価できる方法を選択する必要がある。
評価方法としては一般に次の方法が考えられる。①純資産方式純資産を
基礎として株価を評価する方法。資産・負債を時価評価して純資産を
求める方法(時価純資産法)と時価評価しないで純資産を求める方法
(簿価純資産法)とがある。②収益方式収益やキャッシュフローを
基礎として株価を評価する方法。収益還元法、
ディスカウント・キャッシュ・フロー法(DCF法)等がある。
③配当方式株式投資の果実である配当を基礎として株価を算定する方法。
配当還元法や内部留保率を考慮したゴードンモデル法等がある。
④比準方式業種等の企業の属性が類似している企業、
同業種の公開企業の株価の平均と比較することにより株価を算定する方法。
類似業種比準法、類似会社比準法、取引事例法等がある。
⑤併用法上記の各方法を併用して株価を算定する方法。

ページトップへ