定額法

【よみ】ていがくほう【英名】Fixedinstallmentmethod

定額法とは、過去勤務債務および数理計算上の差異の費用処理方法のうち、
各年度の発生額について平均残存勤務期間内の一定の年数で按分して
費用処理する方法をいう。会計基準変更時差異の費用処理についても、
15年以内の一定の年数で按分する方法で費用処理することとされており、
これも定額法という。

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活